こんな仕事

税理士の代表的な仕事について紹介していく
・申告書の作成
確定申告などの税務署に提出するための書類を作成する仕事である。
申告書は個人事業主と法人の企業とで書き方や書類も変わってくる。素人には難しい、専門知識がないとできない仕事である。

・税務調査の立ち会い
国税の査察部による税務調査に立ち会いをするのも税理士の仕事である。
申告書など書類の不備がないかどうか、間違いがないか、脱税などの不正を行っていないかということを二週間ほどかけて徹底的に調査をする。
この調査に立ち会うのが税理士の仕事である。
税理士がいない場合は直接調査官が質問しに来る。税理士がかばってくれたり、調査がスムーズに進んで有利に働くことも多い。

・会計処理、記帳代行
パソコンソフトを使って領収書や請求書のお金を入力していく作業である。最近は自社の経理担当者が行っていることも多い。しかし会社が大きくなると自社ではできない場合もあるので専門の税理士にお願いしていることもある。
・給与計算
社員の給料やボーナスを計算する仕事である。儲けや経費のバランスを見極めてその利益の中から社員に給料を返していく。

・その他税務全般
その他にも経営者をサポートするための仕事を様々な行うのが税理士の仕事である。雑多な仕事や税務署や銀行など関係各所とのやりとり、経営のアドバイスや節税対策なども税理士の仕事である。

このような仕事を頼みたい時、大阪 税理士事務所が良きパートナーとなってくれるだろう。